puppy linux と、USBメモリーの限界はあるのか?

投稿者 oka - - コメントなし
Vistaが終わってみて、Windowsの世界が少しずつ変わっていくように感じられる今日この頃です。ネットニュースによると、マイクロソフトは、chromebookに対抗するPCを出すのではないかというのを読んだ。アメリカの話なのかなぁ、学校教育現場では、chromebookがシェアを握ってるらしい。そこへ、マイクロソフトが参入する予測だった。これは結構なことで、たぶん、Win10のネット接続専用か、サーフェースの教育用かとも想像が膨らむ。

そうこうビジネス競争があるけど、教育現場こそ、puppy linuxの方がいいと思う。OSのセットアップが簡単だし、軽いし、中古のパソコンや非常に安価につくられたパソコンでもいいわけで。ただ、最初のうちは、chromebookやそのマイクロソフトの教育PCのUSBにUSBメモリーのpuppy linuxが動かせて、そのUSBメモリーを自宅に持ち帰ってきて、自宅のPCで動かすというような形になるんじゃないかと思う。USBメモリーを活用したpuppy linuxこそ、日本の教育現場で使う教育用OSとして最適なような気がする。

そこで、puppy linuxは、今持ってるパソコンとUSBメモリーで体験することはできることは、確かなんだけど、慣れていないうちに、自宅でメインに使ってるパソコンでするよりも、ジャンワールドでOSなしの中古パソコンや、ノートパソコンの中古で安く手に入れて、USBメモリーで活用する方法を学習するのがいいのではないかと思う。広告のジャンクワールドは、かなり安く手に入っていい。で、学習が進んで、puppy linuxだけでも十分なら、メインで使ってもいいし、別のlinuxで活用してもいい。ただ、何度も書くけど、puppy linuxは、セットアップも簡単だし、自分の使いやすい環境になったらバックアップをとっておくのも簡単なので、それこそ持ち歩くOSとしては、ベストだと思う。

それと、海外では、puppy linux を使いやすくするのが進んでるらしく、やっぱり、そのセットアップが簡単なのと、持ち歩ける手軽さから、活用している人が増えているんだと思う。となると、より使いやすくなっていくわけで、子供が使うlinuxで定着しつつ、大人も十分に使えるlinuxになっていく予感だ。

lv9.orgが進展がありました。4月17日に。全体もいずれ安定するでしょう、きっと。

投稿者 oka - - コメントなし
lv9.orgのDNS障害は解決したようです。まぁ、今回は大丈夫でしょう。予想していた通り、cloudflareが原因で、とりあえず、今はcloudflareをやめて、別のhttps接続の浸透中なのかもしれません。というわけで、この記事を書いている時点で、lv9.orgから、コントロールパネルにログインできません。で、ログインする必要がある人は、本家からログインすればいいでしょう。一応、自分はlv9.orgのログインIDとパスワードでできました。URLは、panel.byethost.comを使いました。「bytehost ログイン」で検索して見つけたものです。ftp接続も本来の設定できるので、ログインページもいずれ解決するでしょう。ただ、lv9.orgが存続しつづけることが前提です。なので、一応、バックアップを早めに取っておいて、lv9.org以外のサブドメインで運用か、別のbytehost系サービスか本家サービスでアカウントをとってそこで運用するのもいいかもしれません。ただし、規約だと、多数入手するのは違反らしいです。たしか、3つまではいいんだったのかなぁ。そういう規約があることも念においてください。とにかく、lv9.orgが安定するのをお祈りしています。

20170418 09:40 追記
httpsではなく、http://lv9.org/user_loginで、ログインできました。https化をどうなるかという状況でしょうか。たぶん、近いうちに解決するでしょう。

ただ、Googleのhttps化推進って異常だと思う。本来は、パスワードやクレジットカード番号の送信だけを暗号化すればいいわけで、そうだったから、ずっとhttpsは特殊な用途だったわけで。lv9.orgだって、https化で、cloudflareを選んだのが、大混乱だったわけだし。ただ、cpanelにcloudflareがあるので、wordpressをlv9.orgで、独自ドメインで運用しているなら、使ってみる価値はあるかもしれない。ただ、wordpressなら、他にもいいところはあるわけで。なので、lv9.orgがこのままずっと安定運用されるなら、PluXmlだと思う。

20170418 11:18 追記
まだ、不安定の模様。

20170418 12:22 追記
Let’s Encryptで、ログインページが開いた。もうすぐ、完全安定かも。
カテゴリ : lv9.org - タグ : なし

なんのための自動なんだ? Windowsさん。

投稿者 oka - - コメントなし
Vista最後のWindowsUpdateが終わった。今回は手際よく最初は進んだけど、再起動から後は、いつもの通りに不安定でイライラさせられたし、それなりに時間もかかった。もう、半年ぐらいか、手動で先入れして、更新チェックが早く終わるようにしていたから、自動ではない。先入れするファイルを調べないとならないし、この先入れもコツがあったりして面倒だった。今回は、最後だから、楽になる方法を紹介されたとおり行ったので、再起動までは、楽にすすんだ。それでも、前日に調べたり、予行演習みたいなチェックもしたわけで。まぁ、そういうわけで、たいへんなんである。

手動でするようになったのは、もともと、WindowsUpdateが、寝る前にシャットダウンすると同時にはじまってしまい。終わるまで気になって眠れないのと、翌朝起動とともに不安定だったりして、すごく不快だったからだ。で、日中に、更新の準備が完了したかチェックするようにするようになった。しばらくすると、Windows7で遅いという情報をしって、どうもVistaもだと。その上、チェックしている間、CPUが無駄に働いているというのもあって、待っているより解決した方がいいと、先入れするようになった。それでも、結局、午前中とか、ほぼ、気持ちを縛られていたのだから、不満ばかりたまっていて、とうとう、解放されたのだ。

一番、むかついたのは、システム側のブログで、先入れすると早くすむと長々と紹介されてはいたけど、なんの役にたたない。どのファイルを先入れするといいかは、自分で調べろと。そんなことをするなら、毎月、自動ではなく、手動で完全にインストールできるファイルをダウンロードできるようにしてほしかった。ついでに、だいたい何分で終わるとかも書いてあれば、予定もたてやすいのに。すべては、不便な自動に従えっていう感じに、とくにむかついていたのだ。

ま、Vistaはもう終わってしまうけど、なんか、ウイルスよりずっと、苦労されているような気がする。ウイルスだって、この自動を利用して入り込むようになってるのだし。なんのための自動なのかと、ああ、また、いらいらしてきた。こうなるとやっぱり、もう、Windowsを新しく買うなんて気にならない。とくに、今日からは、Win10の人たちは、順次、大型アップデートがあるらしいのだけど、時間に余裕がある人ならいいけど、勝手に自動ではじまってしまうらしいので、結局、いずれは、多くの人が手動で行えるようにスケジュールを組むようになると思う。なんのためなんだろうね、自動。
カテゴリ : VISTA - タグ : なし
記事のRSSフィード