UpupBBのfirefoxがよく固まるようになっていたのを解決か? デスクトップの修復で

投稿者 oka - - コメントなし

ほんとよく固まるのでイライラ

まぁそれでも強制終了できるだけいい。めったには起きないがchromiumの方が起動せずにシステムダウンから比べればいいのだけどね。

でfirefoxが原因かと?

で、いろいろ設定を変えたり拡張機能をオフにしたりといろいろやってみたのだけど、大丈夫かと思っているといちにち一度は固まるわけで、前から比べれば固まりすぎ。

あきらめてpalemoonに切替える

たぶん大丈夫そうなんだけどね。で、いろいろ考えて考えて、ふと思い出したのがLANケーブル老朽切断で、システムダウン。復帰できたもののなぜかwineが起動しない。デスクトップから起動しないのを簡単に起動できたので忘れていたわけで。

これはUpupBBだ

最初は日本語変換をONにしたときだけ起きてるところまで確定したのだけど、確実に起きるわけでないことも。となると、日本語変換は関係ない。そこで、前述のトラブルだ。これはデスクトップに不具合が残ってるからでは、あるいはかなり前からあって、chromiumもそれが原因かもしれないというわけで、デスクトップの修復をしてみたわけだ。

はたしてどうなるだろう

ま、一番ストレスを感じないpalemoonを使い続けるけど、たぶん、ストレスフリーになったと思う。もし、palemoonもよく固まるようになったなら、その時は、UpupBBを再インストールして再設定。PuppyLinuxのいいのは、再インストールが簡単なので、そうした方が時間の無駄にならない。さて、どうなることやら・・・


追記
やっぱりダメだった。たぶん、firefox固有の問題みたいだ。palemoonを使ってみて固まるようなら違うだろうけど。あと、firefoxは日本語入力さえ起動していなければ起きないのと、強制終了した後は、再現されないから、ページの読み込み時に固まる条件があるのだろう。

追記2
Firefox の安定高速化 2017: 天網のあたま2nd 「network.dns.disableIPv6IPv6 の無効化初期状態では IPv6 を使用するようになっていますが、設定を true に変更することで IPv6 の使用を無効化(停止)できます。IPv6 に対応していないネット環境や低スペックPCでは IPv6 を停止させたほうが動作が軽くなることがあります。また、一部のプロバイダでは IPv6 を使用することで回線速度が速くなるサービスを行っている所もあるそうです、一度プロバイダのサービスを確認してみることをお勧めします。」 http://tenmou2nd.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/firefox-2017-31.html

どうもこれみたいだ。だといいのだけど。PuppyはIPv6に対応していないから、これでひっかかる時があるのかもしれない。DNS回りで重くなったりするのは、1.1.1.1であって、これは8.8.8.8に変更したわけで。network.dns.disablePrefetch こちらも変更してみた。あとは、固まったときしばらく放置してみるのもいいのかもしれない。ただ、変更したのでなんとかなるかも。あとは、DNSを遅くても、プロバイダのものにするのがいいのかも。プロバイダはIPv4だけのはず。ところが外部DNSはなんかのときに、6を返してきてfirefoxが6をかえせなくてとかなんだろうか。

追記3
結局DNSで問題が起きているのがわかった。パブリックDNSとこちらの環境がうまくあっていないのが原因みたいだ。なので、プロバイダの自動接続するDNSに切り替えた。よっぽど見れないページとかあればまたパブリックに切替えるつもり。たぶん、パブリックのDNSサーバーはIPv6が増強されていてIPv4は弱くなっているのかもしれない。あるいは、日本側のDNS情報伝達が違うのかなぁ。とりあえずは、firefoxが悪いわけでなく、こちらの環境が古すぎるのだと思う。それだけ、IPv6接続が増えているんだろうなぁ、とほほ。

コメントを書く

3つ目のアルファベットを入力してください dctuxq?