cloudflareがだいぶわかったのでlv9.org管理をやめて、直接にしてみた。

投稿者 oka - - 2 コメント
lv9.orgからだと、サブドメインまでできないようなのと、DNS設定のことがだいぶわかったので、応用してみた。lv9.org推奨は、lv9.orgのDNSサーバーを無料ドメイン側に設定するのが本来の使い方なんだけど。Aレコード設定でもIP接続できるみたいだと思って、やってみたら、うまくつながったので、で、cludflareのDNSサーバーを無料ドメインに設定して、cloudflareから、Aレコード設定したというわけだ。これで、サブドメインも設定できたので、応用が効いたと思う。あと、ずっと、DNSサーバーを設定するのは、簡単な認証方法であって、IP接続は、レコード設定でもいいはずなので、そうすれば、独占されなくても済む。どうも、独占されてしまうのが嫌だったので、テストをかねて、観察だな。簡単なのは、いいんだけど、自分で細かいところまでいじれる方がいいし。あと、cloudflareで、最初に登録した設定するのを削除する方法がわからなくて困った。なんとか見つけられたけど。

あと、わかったのは、海外サーバーが無料でできるのは、どうも、URLのサブドメインを間違って入力すると広告ページにとぶことで、広告収入で維持しているみたいだ。ただ、このときでてくる広告って、怪しいのがあるからなぁ、よっぽど高めに広告料が入るようになってるのかも。つまり、DNS広告なんだと思う。無料ドメイン側に、海外サーバーのDNSを登録したら、間違ったサブドメインだと、変なページにとんだし。ちゃんと利益になるんだなぁ。

これは、もう書いたかなぁ、あと海外サーバーの特徴なのか、lv9.orgの特徴なのかはよくわからないけど、よく画像の直リンクは禁止というのがあるけど、rssを外部から読み込めないので気がついた。画像以外にも読めないようになっている。だから、Let’s Encryptのサーバーファイル認証も動かなかったわけだ。こうなると、アクセス解析のスクリプトを海外サーバーで動かしても、他のサーバーからだと読み込まないかも。どうなってるのかしら。

2 コメント

#1  - sasa :

lv9.org 関連で検索してこちらにたどり着きました。
lv9運営さんにメールしてもうんともすんとも返事がないので
もし宜しければどうかお助けいただけますと幸いです。

lv9のAレコードはどこで確認できるのでしょうか?
cPanelログイン後の画面の「FTPホスト名」がそれに当たりますでしょうか?

返信
#2  - oka :

Aレコードは、IPのことです。例えば、8.8.4.4 みたいな4つの数字の組み合わせです。lv9.orgのIPを知りたい場合は、whoisで、わかるはずです。で、Aレコードというのは、IPの数字を指定するということです。ホスト名みたいなときは、CNAMEを使います。あとは、DNSのドメイン設定を検索してみてはどうでしょうか。

返信

記事コメントのRSSフィード

コメントを書く

3つ目のアルファベットを入力してください fodr?